イベント情報

フリーワードで検索

イベント情報の使い方

イベント情報トップへ

【西宮市貝類館】今後のイベント開催のお知らせ

  • 催し
  • 講演・講座
  • こども
  • 文化・芸術
更新日:
2017年12月5日
ID:
42065

開催場所

西宮市貝類館

西宮市西宮浜4丁目13-4

西宮市貝類館の周辺地図

開催日

2017年

2017年12月9日土曜日

まつぼっくりツリーづくり 10:00~16:00

2017年12月10日日曜日

甲子園浜セミナー「貝と共生する生物」 10:30~11:30

2017年12月16日土曜日

貝類館クリスマスイベント 10:30~16:00

2017年12月22日金曜日

干支にちなむ貝類展”戌”10:00~17:00

2017年12月23日土曜日

貝類館セミナー「アサリとヒメアサリ」13:30~14:30、干支にちなむ貝類展”戌”10:00~17:00

2017年12月24日日曜日~2017年12月26日火曜日

干支にちなむ貝類展”戌”10:00~17:00

2017年12月28日木曜日

干支にちなむ貝類展”戌”10:00~17:00

2018年

2018年1月4日木曜日~2018年1月9日火曜日

干支にちなむ貝類展”戌”10:00~17:00

2018年1月11日木曜日~2018年1月16日火曜日

干支にちなむ貝類展”戌”10:00~17:00

2018年1月18日木曜日~2018年1月23日火曜日

干支にちなむ貝類展”戌”10:00~17:00

2018年1月25日木曜日~2018年1月30日火曜日

干支にちなむ貝類展”戌”10:00~17:00

貝類館イベントのお知らせ!!!

ホラ貝

 「ホラ貝吹き体験」

「ホラ貝」をご存じですか!?昔、山伏が吹き鳴らしてたイメージのアレです。また、「ホラ吹き(嘘つき)」の語源にもなっています。貝類館で、ホラ貝吹きにチャレンジしてみませんか?きれいな音が出ると「ホラ吹き認定書」がもらえます。
意外と小さなお子さんの方が、くちびるの形の関係で吹けたりするんです。
是非チャレンジ
してみてください。

オウムガイ画像

「オウムガイのエサやり見学会」※再開しました。

約2億年前から姿を変えず「生きている化石」と呼ばれるオウムガイ。 どこからエサを食べるのか、どんな風に食べるのか 体に対して大きなエビを食べる姿を観察しに、是非お越しください。
◆日時:毎週日曜日 14:00
◆場所:貝類館 
◆参加費:無料(入館料別途必要)
◆申込み:不要

まつぼっくりツリー

「まつぼっくりツリーづくり!」 

小さな貝殻とサンゴ砂、まつぼっくりを使ってクリスマス
に使えるおしゃれなツリーを作ります。
◆日時:平成29年12月9日(土)10:00~16:00
◆場所:貝類館
◆参加費:100円(入館料別途要)
◆申込み:当日受付、順次ご案内 ※材料なくなり次第終
                ※小学生未満は保護者同伴

 H29貝類館クリスマスコンサート

「貝類館クリスマスコンサート」

 貝に囲まれた館内でヴァイオリンとハープによる素敵なコンサートが行われます。安藤忠雄建築の美しい館内で行われるコンサートで非日常の世界を体感しませんか?ぜひご来館ください!
当日は貝のオーナメントづくりのワークショップも行っておりますので、是非ご参加ください。
◆日 時:平成29年12月16日(土)
     ①10:30~ ②13:30~(各回45分程度)
◆場 所:貝類館 
◆参加費:無料(入館料別途要)
◆演 奏:大阪音楽大学付属音楽院
◆申込み:不要

貝のオーナメントづくり

「貝のオーナメントをつくろう!」

 貝を使ってオリジナルのオーナメントをつくります。とてもきれいなオーナメントですので、是非つくってみて、貝類館やおうちで飾ってくださいね。
◆日 時:平成29年12月16日(土)
 ①11:30~  ②14:30~  ③15:30~
◆場 所:貝類館 
◆参加費:100円(入館料別途要)
◆申込み:開始15分前から受付 各回定員30名 ※小学生以下保護者同伴

H30干支展

 新春企画展「干支にちなむ貝類展”戌”」

 西宮市貝類館では、新春企画「干支にちなむ貝類展」を開催いたします。
 貝の世界で平成30年の干支である「戌(いぬ)」の名前が付けられたものは、「イヌフデガイ(犬筆貝)」や「イヌジタザラガイ(犬舌皿貝)」などがあります。
 「イヌフデガイ」は貝の表面の色や模様がビーグル犬などの毛並みの柄に似ているため名付けられた種類で、「イヌジタザラガイ」は、殻の表面のザラつきや質感が犬の舌の感じに似ているため、それらを連想し名付けられました。
 新春企画展では「戌」の名前が付けられた貝の中から代表的な種類を紹介します。
 皆様、奮って西宮市貝類館に御来館下さい。

◆日時:平成29年12月22日(金)~平成30年1月30日(火)
      毎週水曜日と12月29日~1月3日は休館
◆場所:貝類館展示室
◆参加費:無料(入館料別途要)

※臨時休館について
貝類館ご利用のみなさまの安全確保の点から、大雨・洪水・暴風の警報が発表される等危険な状況が想定される場合には、臨時休館と致しますので、あらかじめご了承下さい。

 

西宮市貝類館

〒662-0934西宮市西宮浜4-13-4

TEL・FAX 0798-37-0485

→→詳細は貝類館facebookページまで!!!

 

貝類館ミュージアムトーク「貝類館セミナー」のご案内


西宮市貝類館では、平成29年度下記の通り7回にわたってセミナーを開催します。皆様のご参加をお待ちしています。

時間:午後1時30分~2時30分
会場:西宮市貝類館 学習室
対象:小学生以上
申込:不要 当日開始時間までに学習室へ(定員:各回先着30名)
参加費:無料(入館料別途要)
問合先:西宮市貝類館    TEL:0798-33-4888                                

セミナー一覧
開催日

講演名・講師名  

講演内容
7月 2日(日)

知られざる貝の世界
   ~淡水貝類の基礎知識~

講師:貝類館 学芸員 高田良二

海を起源として誕生した貝類の仲間には、真水が無いと生きて行けない "淡水貝" と呼ばれる種類があります。
棲み慣れた海を離れ、塩分を必要としない特殊な水環境に進化した仕組みなど、淡水貝に関する不思議を紹介します。

8月26日(土)

さまざまな甲殻類

講師:貝類館 学芸員 渡部哲也

エビやカニの仲間をはじめとする甲殻類にはさまざまな種類がいます。甲殻類は海の中だけでなく、池や川、それに陸上にもすんでいます。身の回りにもたくさんいる甲殻類、どのような種類がどんな暮らしをしているのかについて紹介します。
10月21日(土)

特別展セミナー 干潟の生き物

講師:貝類館 学芸員 渡部哲也

干潟とは、潮が引いた後、入り江や河口など波静かな場所にできる泥や砂でおおわれた浜のことです。石でおおわれた浜である磯とは異なり、柔らかい砂底や泥底は穴が掘りやすく様々ないきものが穴を掘ってすんでいます。いったいどんな生き物がいるのか、その種類と生態を見てみましょう。
11月25日(土)

フナムシとキタフナムシ

講師:貝類館 顧問 山西良平

大阪湾の海岸には、世界各地に広く分布するフナムシと、おもに北日本に分布するキタフナムシという2種のフナムシがいます。大阪湾でキタフナムシが見つかったのはつい最近(2010年)のことです。調べてみると、これら2種の間にはすみ場所や食事の方法などにかなりの違いのあることがわかってきました。
12月23日(土・祝)

アサリとヒメアサリ

講師:貝類館 顧問 山西良平

アサリは干潟だけでなく、石がごろごろしているような海岸でも採集することができます。大阪湾各地でアサリを調査したところ、アサリとヒメアサリが混じっている所や、アサリがいなくてヒメアサリばかりの所が見つかりました。殻の形がとてもよく似ているアサリとヒメアサリを区別する方法を紹介し、両種の生息環境のちがいについても考えます。
1月20日(土)

カニ類の生態

講師:貝類館 学芸員 渡部哲也

カニの仲間はおいしいだけではなく、とても面白い生態をもつ種類がいます。深海にすむズワイガニから、干潟にすむスナガニの仲間、熱帯のジャングルにすむベンケイガニの仲間など、面白いカニの行動や生態について、カニ類研究の最前線を紹介します。
 3月17日(土)

イモガイの世界
 ~美しい貝には"毒"がある~

講師:貝類館 学芸員 高田良二

イモガイの仲間は、現在世界に約500種類が棲息しています。全ての種類が肉食性で、 小魚などを襲うため体内には強い毒とそれを注入するための針状の矢を持っています。殻には派手な美しい模様があり、毒々しさを強調しています。今回はこの知られざる海のハンター、イモガイについて紹介します。 

甲子園浜セミナーのご案内


西宮市貝類館は、平成29年度、甲子園浜自然環境センターと共催で下記の通り「甲子園浜セミナー」を開催します。皆様のご参加をお待ちしています。

時間:午前10時30分~11時30分
会場:甲子園浜自然環境センター 研修室
対象:小学生以上
申込:不要 当日開始時間までに研修室へ
参加費:無料
問合先:西宮市貝類館    TEL:0798-33-4888

セミナー一覧
開催日  講演名・講師名  講演内容
9 10 日(日)

大阪湾の海岸の生き物

講師:貝類館顧問 山西良平

 茅淳(ちぬ)の海と呼ばれた大阪湾は、波が穏やかで豊かな海として知られていました。埋め立て地や水質の悪化によって自然が失われたとは言え、海岸に出かければ今も様々な生き物を観察することができます。大阪湾の海岸の生き物をスライドで紹介します。
10 29 日(日)

カタツムリの世界
 
~陸産貝類の基礎知識~

講師:貝類館学芸員 高田良二

 世界の陸産貝類(カタツムリ)を画像写真と共に紹介します。また、カタツムリの生態や器官、食性や棲みか、分類体系、人の暮らしとの関係など多方面より分かりやすく解説します。
12 10 日(日)

貝と共生する生物

講師:貝類館学芸員 渡部哲也

 アサリの味噌汁を食べている時、貝の中から小さなカニが出てきたという経験はないでしょうか?二枚貝や巻貝に時として他の動物が共生していることがあります。これら貝と共生する生き物たちの奇妙で興味深い行動をスライドや動画で紹介します。

西宮市貝類館収蔵品について

 

西宮市貝類館では、故黒田博士をはじめとして、多くの方々より貝類標本が提供されており、収蔵しています。

貝類館ホームページ内「標本検索データベース」にて収蔵標本の検索を行う事ができますので、是非ご活用下さい。

貝類館HP上データベース検索

facebook、始めました!!

 

西宮市貝類館では、貝類館施設やイベントの情報をより多くの皆様に知っていただき、貝類館のファンになっていただけるよう、フェイスブックをはじめました。

facebookを利用して貝類館の魅力を伝えるべく、イベント以外の様々な情報も発信しています。

『今後のイベント情報』『貝にまつわる面白い話』等、皆様に最新の情報をお届けします。

また、『施設紹介』『出版物の紹介』も行っており、貝類館の活動内容がわかりやすくまとめられていますので、ご覧ください。

ぜひアクセスして「いいね!」してくださいね!

貝類館facebook始動

ページのトップへ