防災

各種マップ

洪水・土砂ハザードマップ

更新日:
2016年4月6日
ID:
22509

印刷

洪水・土砂HM(タイトル)

本マップは、武庫川の氾濫を想定した場合に浸水が予想される区域及び大雨や地震などによって発生するがけ崩れや、土砂災害のおそれがある箇所、さらには、避難所等を図上に表示したものです。 

洪水ハザードマップに表示している、5色で色分けされた浸水の想定される区域とその深さは、武庫川流域に1日の雨量が 247mm(おおむね100年に一回程度起こる大雨)という大雨が降り、武庫川が増水し、氾濫したと想定してシミュレーションした洪水の状況を示しています。

土砂災害のおそれのある箇所・区域は、兵庫県の定めた調査基準により指定されたものですが、雨の降り方や地震の程度によっては、表示箇所以外で土砂災害が発生するおそれがあります。

土砂災害警戒区域等(通称イエローゾーン)は、兵庫県が渓流や斜面及びその下流など、土砂災害により被害を受けるおそれのある区域の地形、土地利用状況について基礎調査を実施して、土砂災害のおそれのある区域等を指定したものです。 

洪水土砂ハザードマップは、【西宮市北部】【西宮市JR神戸線より北】【西宮市JR神戸線より南】に分かれております。

ご覧になりたい地域をクリックして下さい。

ダウンロードdownload
◆本図は、西宮市が平成24年3月に作成した1:2500図を編集したもので、行政界については確定測量したものではありません。。
◆このハザードマップは、兵庫県が作成した下記の兵庫県CGハザードマップを基にしています。

ページのトップへ