市税

個人市民税

税額の算出例

更新日:
2017年1月27日
ID:
1654

印刷

(A)給与所得者の場合

西宮市に住むAさんの前年中の収入状況は次の通りです。
この場合の今年度のAさんの住民税額を計算します。

●Aさんの家族構成(今年の1月1日)現在
 Aさん(45歳)
 奥さん(44歳 収入なし)
 長女 (19歳 収入なし)
 次女 (16歳 収入なし)
●前年中の収支
給与収入金額6,000,000円
給与所得控除額1,740,000円
給与所得金額4,260,000円
社会保険料700,000円
生命保険料(旧契約・一般)100,000円
生命保険料(旧契約・年金)90,000円

■所得控除
社会保険料控除700,000円
生命保険料控除70,000円
配偶者控除330,000円
扶養控除(一般)330,000円
扶養控除(特定)450,000円
基礎控除330,000円
【合計】2,210,000円

■住民税の計算
(1)課税総所得金額
 4,260,000-2,210,000=2,050,000円(1000円未満切り捨て)
(2)市民税算出所得割
 2,050,000×6%=123,000円
(3)県民税算出所得割
 2,050,000×4%=82,000円
(4)調整控除額の計算
 人的控除の差額330,000円
 配偶者50,000円+特定扶養180,000円+一般扶養50,000円+基礎控除50,000円
 市民税調整控除額 {330,000円-(2,050,000円-2,000,000円)}×3%=8,400円
 県民税調整控除額 {330,000円-(2,050,000円-2,000,000円)}×2%=5,600円
(5)市民税
 123,000-8,400=114,600円(100円未満切捨て)
 →114,600円(所得割)+3,500円(均等割)=118,100円
(6)県民税
 82,000-5,600=76,400円(100円未満切捨て)
 →76,400円(所得割)+2,300円(均等割)=78,700円   
(7)住民税額
   118,100(市民税)+78,700(県民税)=196,800円

(B)年金所得者の場合

西宮市に住むBさんの前年中の収入状況は次の通りです。
この場合の今年度のBさんの住民税額を計算します。

●Bさんの家族構成(今年1月1日)現在
 Bさん(75歳)
 奥さん(72歳 収入なし)
●前年中の収支
年金収入4,000,000円
公的年金控除額1,375,000円
年金雑所得2,625,000円
社会保険料368,400円

■所得控除
社会保険料控除368,400円
配偶者控除(老人)380,000円
基礎控除330,000円
【合計】1,078,400円

■住民税の計算
(1)課税総所得金額
 2,625,000-1,078,400=1,546,600円(1000円未満切り捨て) →1,546,000
(2)市民税算出所得割
 1,546,000×6%=92,760円
(3)県民税算出所得割
 1,546,000×4%=61,840円
(4)調整定率控除額の計算
 人的控除の差額150,000円
 配偶者100,000円+基礎控除50,000円
 市民税調整控除額 150,000円×3%=4,500円
 県民税調整控除額 150,000円×2%=3,000円
(5)市民税
 92,760-4,500=88,260円(100円未満切捨て)
 →88,200円(所得割)+3,500円(均等割)=91,700円
(6)県民税
 61,840-3,000=58,840円(100円未満切捨て)
 →58,800円(所得割)+2,300円(均等割)=61,100円
(7)住民税額
 91,700(市民税)+61,100(県民税)=152,800円

ページのトップへ